告別式

告別式は午前から始まる場合も

告別式は午前にされる場合と午後からされる場合、どちらもございます。
地域によっては告別式の午前中に火葬をして、午後から告別式をする場合も
 ございます。その場合告別式の時にはお骨は祭壇にご安置されます。
火葬場の予約状況、御当家、お寺様のご都合などによって変わります。

法要

初七日法要は葬儀当日に行われます

ご葬儀の後(お骨上げ後)引き続き初七日法要までされる事が多いです。
 葬儀後、初七日に親族が集まることが難しいことから、「繰上げ初七日」として
 とりおこなうことが最近では一般的です。

精進落とし

精進落としはお骨上げまでの待ち時間に済ませることも

葬儀後、初七日法要をとりおこないその後、食事をいたします。
 お世話になった方に、喪主が接待をしお礼をいたします。
 初七日法要後だとお時間が遅くなる場合もございますので、
 お骨上げまでの待ち時間に済ませることも多いです。

供花

供花は菊や洋花などの生花です

お供え頂くお花は、菊や洋花などの生花です。
地域や宗派によっては樒をお供えすることもあります。

友引の場合のご葬儀

他の地域では定休日としている斎場(火葬場)も、
 こちらの地域では火葬業務を行っています。

御骨上げ

御骨あげは部分骨

要所ごとのお骨だけ骨壺に収めます。

通夜振る舞い・焼香順読み上げ・茶碗割りの風習なし

通夜後の参列者へのお食事(お清め)は、この地域にはありません。
葬儀時の焼香順読み上げもございません。
 (社葬など、ご来賓の方などへの焼香ご案内の場合は読み上げする場合もございます)
出棺時の茶碗割りもこの地域にはありません。

「お淋し見舞い」「夜伽見舞(よとぎみまい)」

お見舞い

参列される方が通夜の際、「お淋し見舞い」や
 「夜伽見舞(よとぎみまい)」と呼ばれる、香典のほかに主に食べ物や飲み物、
 又は金銭を用意される事があります。
 遺族が通夜の後、故人が淋しくないように語りながらいただきます。
 いただいたお供物(果物や菓子などの籠盛)を分ける際に、
 一緒に配ることもあります。
 「お淋し見舞い」をいただいた方には、香典返しの品物もより多くお返しする事が
 多いようです。

ページのトップへ